ホーム > TCPについて > 代表者のご挨拶・スタッフ紹介

TCPについて

代表者のご挨拶・スタッフ紹介

代表者のご挨拶

みなさま、こんにちは。チベタン・チルドレンズ・プロジェクト(TCP)の代表を務めております、ケンポ・ケサン・ギャルツェンです。

TCPは、これまで20年に渡りチベットに関わり、共に生活し、チベット本土の支援に尽力してきたある日本人が立ち上げたものです。またその趣旨に賛同し、自ら希望して集まったスタッフ達によって運営されています。

「難民支援」というとみなさんは、どんなイメージをもたれるでしょうか?「国を追われ、命をかけて逃げてきた人々。」あるいは、「言葉も通じぬ国での、困難な生活。」、きっとそのような想像をされることでしょう。それらは確かに、難民たちの現実です。しかしそれらの困難さや悲惨さには関係なく、それぞれの難民の人生の時間は、ただ粛々と流れて行きます。

TCPのめざすものは、この粛々と続く難民たちの人生を、幸せなものへと劇的に変化させることです。新しい環境の中を自力で生きぬく能力を身につけ、人生の選択肢を増やし、自ら幸せになってもらうことです。どのような困難な状況の中でも、誰もが幸せになることは可能だと示すことです。

この実現のために、スタッフたちは、日々たくさんのアイデアを持ち寄り、その具体化のプランを練っています。驚くことに、毎回のスタッフミーティングはいつも大爆笑の連続です。希望に満ちた未来のプランにワクワクして、嬉しい気持ちが抑えきれずに笑いが止まらないのです。このポジティブさは、難民たちの心を勇気づけています。正しい動機にもとづいた利他の心は、全ての物事を幸せへと導いて行くでしょう。

慈悲と思いやりに満ちた社会の実現のため、その小さな一歩としてTCPは、今日もネパールの地でたくさんの笑顔と共に活き活きと活動しています。

チベットの真の利益のために努力し、チベット民族の精神と文化を守り続けるために力を貸して下さるみなさんに、心より感謝申し上げます。

すべての命あるものに、平和と幸福への祈りを込めて。

ケンポ・ケサン・ギャルツェン:TCP代表

ケンポ・ケサン・ギャルツェン

出生地:東チベット・カム
東チベット・カム出身 宗教の自由を求め10代でインドへ亡命しました。以来修行を重ね現在はネパールの某僧院長として現在に至っています。チベット医シラップ・ギャルツェンの親しい友人でもあります。

スタッフ紹介

かとうちあき:TCP統括責任者

かとうちあき

出身:日本 神奈川県
1988年チベットの首都ラサで抗議デモを目撃して初めてチベット問題を知る。
チベット人をさらに深く理解するためにインド哲学と密教学を大学で学ぶことを決心する。そのことからさらにチベット文化へ心酔する。
チベットの自然の美しさと、生きる知恵を教えてくれたチベットへ恩返しのために、1998年にチベットのカム地方に医療と教育の支援として、寄宿制の学校を3校、診療所3か所、パドマサンバヴァの仏塔再建などの支援活動を10年間続ける。 強制退去を命じられたため拠点をネパールへ移す。 2008年にはネパールへ亡命してくるチベット人のために、チベットの文化を継承する施設として、チベット医学診療所とチベット孤児院、若いチベット人の為の語学学校を設立する。
孤児院では子供たちと寝食を共にし、チベット人スタッフがチベット式の道徳観に基づき、チベット語とチベット仏教を毎日子供たちに教育している。 さらに、日本の道徳感や思いやりの心も日本語で私自ら教えている。

翻訳書に「チベット密教の祖 パドマサンバヴァの生涯」がある。

シラップ・ギャルツェン:チベット医

シラップ・ギャルツェン

出身:東チベット
8人兄弟の三男として生まれる。代々医者の家系で、長男は僧侶、次男も同じくチベット医。2000年にネパールへ亡命。本土で父親からチベット医学を学んでいたが、ネパールにてさらに研鑽を重ねる。すでに自分の兄弟4人が病死しているため、病や命の無情さをよく知り、そのことを常に病人たちにも優しく語りかける。現在は医師として診療にあたるほか、薬やお香などのすべてを自ら作る伝統的なチベット医師。
性格は穏やか。薬師如来のごとく、あらゆるもの一切を哀れみ、施しを実践している。その実践のひとつとして、貧しい者からは診療費や薬代を受け取らない。

アニ・ツゥルテン・ドルマ

リンジン・チュトゥン

出身:チベット・ウツァン地方出身
10代後半でインドへ亡命しました。長く尼僧院で修行し、後に僧院でチベット語の教師としてネパールへ来ました。教育熱心な尼さんは、子供達にチベットの語のみならず文化や歴史、現在の政治など多くを教え説いてくださっています。

ツェリン・ラモ:スタッフ

サンモ・ラマ

出身:西チベット
亡命チベット人の両親を持つ料理上手な女性です
美味しい料理を作ってくれるだけでなく、心優しく子供達へも愛情をもって接してくれています。

こだま さゆり:日本事務所スタッフ

こだまさゆり

10年前にTCPの子供達の写真の中のキラキラ光る瞳に魅せられてサポーターになりました。現地で活動する加藤の魅力と、ネパールの人々や自然にも魅せられて、主婦、介護、仕事の合間に10年間毎年現地に行くうちに、ボランティアとして日本事務局の仕事をすることになりました。すでに成人した2人の子供はいますが、TCPの子供達は離れて暮らす末っ子のように可愛いです。TCPはとても小さな組織ですが、サポーターは大きな愛と思いやりあふれる方ばかりです。この輪を広げていく事が私の夢です。

わたべ えり:日本事務所スタッフ

わたべえり

二十歳のとき、自然のリズムにそった生活がしたい!という想いから、初めてネパールを訪れ、1カ月滞在。自然への感謝、自然の中で生きる生き物の強さ、死生観、等、すべての価値観が覆される。その後、大学卒業、就職を経て、再び単身ネパールへ。不思議なご縁により加藤と出会う。TCPで日本語や子供たちの教育に携わりながら、ネパールの自然と共にある生活を堪能する。5年間のネパール生活を経て、帰国。ネパールに魅せられて14年。TCPと出会い8年目。現在、事務局を務めつつ、自然のリズムにそった生活!の夢を叶えるべく、地球にやさしい生活、循環型の生活、手作り生活、自給自足を目指し、奮闘中。

最新ニュース

2020.03.03
インスタグラムを開始しました!
現地の様子、子ども達の暮らしはインスタID「tcp_staff」を検索ください。
2020.01.01
スタッフブログでは、2009年からのTCP運営の様子がご覧いただけます。